開業 経営 融資 税金 記帳 若手経営者・後継者のネットワークづくり 商売とくらしの強い味方!民商おおさか青年部(大商連青年部協議会)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2017.07.19 Wednesday
  • -
  • -
  • コメント>-

1724回なぜ配信してきたのか? じつはこんな事件が・・・

 

最後に…なぜ平日毎日配信してきたのか。じつはこんな事件が。

 

●詳細は、明日の総会で報告しますが私、Uは大青協事務局の担当

(8年間してました)を交代となります。

 

これまで読んで頂き、ありがとうございました。

 

●明日の大青協総会以降は新メンバーによる運営で、配信内容を相談していく予定です。

 

これまで、たくさんの方から返信や情報提供、また激励も。

 

なかでも印象的だったのは、ある建築業の青年部員さん。

「親の借金を抱え、妻子と別居になり、夜眠れず睡眠薬に頼り、うつ病に。

暗い部屋のなかで、閉じこもっていても…このメールだけは読んでました!」と言われたことも。

 

(その後、元気になって仕事に家庭に青年部に頑張ってます)

 

●「民商青年部ってなに?」「メリットは?」と部員訪問・対象者訪問で必ず聞かれます。

 

大青協では、ひとりでも多くの業者青年に『民商青年部の魅力』をいろんな角度で伝えようと、今から7年前、20026/11に第1号を配信。

 

当時、ケータイメールは250文字までなど、文字数制限もありました。

 

●この場では初めての話になりますが、このメールがなぜ平日毎日配信なのか…。

じつは『ある事件』がきっかけでした。

 

私が大青協の事務局長になってすぐのこと。大阪のある民商の青年部長が自殺したという一報が。

 

ほんの数か月前、取材で会ったときには「青年部は楽しい、民商に来ていると勉強になる」

とイキイキと応えていただけに、ただただ驚きました。

 

大青協役員とともに、お葬式に参加しました。

呆然としている若い奥さん、その手には小さい子どもが抱っこされていました。

 

お葬式の帰り道、ある大青協役員からぽつりと言葉が…「くやしい」。

 

悲しい以上に、その言葉が当時の大青協役員全員の共通の認識でした。

 

●「大青協としてやれることやっていたのか?仲間づくりができていたのか?」

「なかなか会えない青年もいる。商売の不安定が生活や健康にもでてくる。

日常的に励ますことはできないか?」。

 

毎日やれることをやっていこう!ダイレクトに毎日届くメール配信はその具体化の1つでした。

 

この緊張感が今日の1724回の配信回数となりました。

 

●業者青年をはじめ、多くの自営業者にとってほっとできる情勢ではありません。

違う分野でも引き続き、青年部担当で学んだことを生かしていけるように頑張ります!

 

ありがとうございました。

 

 1724号大青協メールDEニュース


メールニュースを配信しているワケ…

ある若い会員さんから「民商は申告のときだけお世話になっている」という話がでました。

それを先日の大青協(青年部大阪本部)の会議でするとメンバーからは「もったいない!」「民商がどんなことしているのか、知る機会がないんとちゃう?」「どんどん活用したる。利用したるぐらいの気持ちで俺はやってるけどなー(笑)」など同じ業者青年として率直な感想が出ていました。

このメールニュースでは青年部活動の成功事例を紹介しているわけではなくて(以前、そのように指摘されたことがあったので)、

「青年部を通じてこんな活動ができますよー」「同じ業者青年がこんな想いで商売していて、民商にいるよー」というのを少しでも知ってもらおうと配信しています。

「点と点」の業者青年が結びついて「線」に、そして線がつながり「輪」に。商売の結びつきだけでない、民商青年部ならではの「人と人」のつながりを実感してもらいたいというのが大青協メンバーの想いです

そのきっかけとして大青協では『4月26日のわっと大交流会』を企画しました。(案内まだもらってない方は返信を)。

●大青協メールDEニュース2008.04.02 1314 号より


メールニュース配信登録

メールニュースってなに?

大青協メールニュース」は若手自営業者・後継者のみなさんに、有益で・有用な情報を提供するため、平日毎日メールニュースを配信しています。

パソコンからの登録はこちらをクリックして、配信希望にチェックを。ケータイの方は、info@daiseikyou.org に、「お名前」「業種」「事業所のある地域(○○区など)、もしくは、民商名(入会している方)」を入れて送信してください。登録いたします。

中身は?・・・同じ自営業への突撃インタビューや商売の工夫、大阪57青年部の最新の活動情報、全国の青年部の最新情報、青年部づくりを通じたネットワーク作りなど、多岐にわたっています。2002.06.11に第1号を発行、すでに1300回を超えています。


カテゴリー
最新情報
絵日記帳
コメント
recent trackback
ブログ内キーワード検索
others
sponsored links
recommend
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法 (JUGEMレビュー »)
三方 良
大阪の民商の会員さんが多数登場!

業者青年も載ってますよ!