開業 経営 融資 税金 記帳 若手経営者・後継者のネットワークづくり 商売とくらしの強い味方!民商おおさか青年部(大商連青年部協議会)

<< 交流会前から「つながり」が・・・ しんぶんにこんな投稿のってました! | ブログのトップ | 「痛っ!」「なにこれ!」大阪の舞台発表で・・・ハプニング!? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2019.07.05 Friday
  • -
  • -
  • コメント>-

過去最高600人の若手自営業者が滋賀に! 憲法と法律のちがいってなに??

全国業者青年交流会 民商 青年部9月14〜15日に開催された第10回全国業者青年交流会in滋賀。

過去最高600人(画像参照)が参加し、大阪は39人(うち初参加23人)参加。

行きの貸し切りバス内では、自己紹介や大阪の舞台出演の練習(桑島会長いちおし!●●音頭 詳細あす)しながら現地到着。

オープニングはブレイクダンス(会員の息子さん)で盛り上がり、記念講演に。

伊藤真さんから「憲法と法律のちがい知ってますか?憲法は法律の親分とちがいますよ!」

「私たちは憲法を『守る』必要ない!」…の話に旭民商青年部のUさんをはじめ、参加者みなびっくり!(なぜかは、最後に)

次のいきいきトーク(9都府県から舞台発表)では、商売交流の広がりや物価高騰に負けないとりくみ、

住民税増税で市に申し入れしたときの様子や仲間が力をあわせ権力に立ち向かう寸劇、

平和音楽祭がマスコミに取り上げられた映像、活動を替え歌にして…などなど、

大分・東京・京都・滋賀・青森・三重・埼玉・静岡の順で発表が。そして最後に盛りあげ役!?の大阪が舞台に。

そこで思わぬハプニングが…明日に続く

●解説

※法律は社会秩序を維持するため「国家が国民を制限」。
 憲法は国民の人権を保障するため「国民が国家を制限」。
 制限の方向が逆ですよ!

※憲法を守る(尊重・擁護)のは・・・
「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員…」憲法99条。

私たちは憲法を『守らせる』側なんですよ!(講師談)

1521号大青協メールDEニュースより

スポンサーサイト


  • 2019.07.05 Friday
  • 17:32
  • -
  • -
  • コメント>-
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー
最新情報
絵日記帳
コメント
recent trackback
ブログ内キーワード検索
others
sponsored links
recommend
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法 (JUGEMレビュー »)
三方 良
大阪の民商の会員さんが多数登場!

業者青年も載ってますよ!