開業 経営 融資 税金 記帳 若手経営者・後継者のネットワークづくり 商売とくらしの強い味方!民商おおさか青年部(大商連青年部協議会)

<< 資料請求とともに・・・「青年部って何歳まで?」 | ブログのトップ | つながりできた&HPから仕事依頼が! 税務署から何度も催促がくるワケは… >>

あなたの預金も?市が10万件の財産調査をしていた!

 

区役所があなたの財産を調べている!?

 

●先日は寝屋川市の国保料が引き下げられた(1世帯当たり4.5万円)

ことをお伝えしました。八尾市では大幅値上げの予定がありましたが、凍結に。

 

自治体が市民の反感や滞納増加に配慮せざるをえないことを示しています。

 

●マスコミは報道していませんが、大阪市は国保料の滞納に対して、

昨年、10万件の財産調査をしました。

 

生野区では、うち3万件(※1400世帯)が財産調査に!

 

1世帯で複数の預金口座などがあるため。区職員が銀行に照会をかけています。

 

●3万件を調べた結果・・・6件のみ該当したそうで、

調査しても、職員が思っているほど財産がなかったことが判明しました。

 

●財産調査の基準って?

大阪のある民商が区と交渉をしたときは、下記の5基準があきらかに!

 

1.年間30万円の滞納額の人

2.資格証で150万円以上の所得の人

3.分割払いの不履行の人

4.高額所得者

5.納付相談にこない人

 

行政いわく「預金がある=支払い能力がある」。

 

●そもそも財産って?

自営業者にとって、預金通帳に入っているものすべてが自分のものではありません。

 

運転資金や決済のための資金。退職金がない自営業者にとって、

仕事をやめた後も、老後や医療など、くらしや命にかかわるお金が必要です。

 

●国や自治体、一部マスコミは「相互扶助だから、払わない方が悪い」

と国民を分断してきました。

 

深刻な経済危機の中で、問題の本質である『異常に高い国保料』に

焦点を当てざるをえなくなってきました。

 

●とくに業者青年は家族をもつ(もしくはこれからもつ)上で、自分と家族の健康を守る重要な問題です。

 

泣き寝入りせず、青年部仲間で話し合ったり、民商へ早めの相談を!

 

今日は城東民商・西成民商・枚方交野民商が役所前で宣伝。

府下では学習会や班会、区交渉、相談会などやってますよ!

1689号大青協メールDEニュースより


スポンサーサイト


  • 2018.08.06 Monday
  • 17:33
  • -
  • -
  • コメント>-
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー
最新情報
絵日記帳
コメント
recent trackback
ブログ内キーワード検索
others
sponsored links
recommend
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法 (JUGEMレビュー »)
三方 良
大阪の民商の会員さんが多数登場!

業者青年も載ってますよ!