開業 経営 融資 税金 記帳 若手経営者・後継者のネットワークづくり 商売とくらしの強い味方!民商おおさか青年部(大商連青年部協議会)

<< 平野の盆踊りで青年部が奮闘! | ブログのトップ | 東大阪ブロックが「私のしごと館」体験ツアー >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2019.11.08 Friday
  • -
  • -
  • コメント>-

こんな青年業者が入会しています!(8月編)

 

8月に民商に入会した青年2組を紹介します。

 

●「短期保険証になってるし、国保料払われへん。どうしたものか…」

5日に相談にきた20歳代後半の若夫婦(解体)。

申告をしていなかったところ、市民税の督促が。

あわてて役所に行ったら、今度は税務署に行って申告するように言われたとか。

税務署では収支内訳書を書かされて、計算すると国保料は40万にも。

今までも払いきれずに分納していましたが、

保険証はすでに短期となっています。

多額の負担に不安がつのり、その足で民商へやってきました。

知り合いから民商のことを聞いていたので迷うことはありませんでした。

相談の結果、夫婦そろって一安心の表情で入会、

青年部にも2人そろって入部しました

 

19日に河内長野で入会したのは、介護訪問センターを開業したばかりの青年。

31歳で、介護福祉士の免許を生かしての開業です。

会員さんの介護訪問センターで修業し、

障害者のお役に立つという夢の実現のため頑張ってきました。

法人設立や記帳など、開業の準備も民商で相談してきました。

「わっと交流会」の話も聞き、「来年はぜひ参加したい」と話しています。


スポンサーサイト


  • 2019.11.08 Friday
  • 16:17
  • -
  • -
  • コメント>-
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー
最新情報
絵日記帳
コメント
recent trackback
ブログ内キーワード検索
others
sponsored links
recommend
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法 (JUGEMレビュー »)
三方 良
大阪の民商の会員さんが多数登場!

業者青年も載ってますよ!