開業 経営 融資 税金 記帳 若手経営者・後継者のネットワークづくり 商売とくらしの強い味方!民商おおさか青年部(大商連青年部協議会)

<< 「わっと大交流会」の開催が来年5月15日に決定! | ブログのトップ | 「建設業者の明日は!?」〜大商連が学習&交流会 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2019.07.05 Friday
  • -
  • -
  • コメント>-

消費税につぶされない対策を交流!旭で学習会を開催

 旭の青年部は11日、消費税学習会を開催しました。

今年の税務調査も消費税が中心になったことを受け、

「もう一度、消費税とはどんな税金か勉強しよう」と開きました。

                        

旭民商の消費税の課税業者のうち8割が簡易課税ということで、

「実際に計算したら本則課税が得になるケースが多いのでは?」と、

今回の学習会を計画。

当日は、父親が引退して後を継いだばかりの縫製・アパレル業や、

法人を立ち上げ今年から課税業者になった広告代理店など9人が参加しました。

参加者は消費税の基本的な仕組みから、

簡易と本則課税の違い、今年の調査の特徴などを学習しました。

 

「消費税が導入されてから、転嫁できずに廃業する人たちが増えた。

結局は下請など弱い立場の業者に、しわ寄せがいってしまう」という話に、

民商副会長の岩切さんは「自分も民商に入ったきっかけが消費税だった。

消費税をとってないのに、何で払わないといけないのか?

納得がいかなかった」と振り返ります。

参加者からは「はなから消費税をもらわないつもりで見積もりを出している。

でないと仕事を切られてしまう」という声も。

 

「従業員と見なされれば、消費税額がさらに上がる。

今までは面倒でしていなかったが、

職人への外注も明細をしっかりつけるようになった」など、

消費税につぶされない対策も交流しました。


スポンサーサイト


  • 2019.07.05 Friday
  • 16:35
  • -
  • -
  • コメント>-
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー
最新情報
絵日記帳
コメント
recent trackback
ブログ内キーワード検索
others
sponsored links
recommend
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法 (JUGEMレビュー »)
三方 良
大阪の民商の会員さんが多数登場!

業者青年も載ってますよ!