開業 経営 融資 税金 記帳 若手経営者・後継者のネットワークづくり 商売とくらしの強い味方!民商おおさか青年部(大商連青年部協議会)

<< 経営交流、融資…業者青年の入会があいつぐ | ブログのトップ | 青年部で交流〜「借りて商売つづけよう!」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2019.07.05 Friday
  • -
  • -
  • コメント>-

青年も多く参加!建設業者の学習・交流会

 大商連は「建設業者の元気は地域の活力」をタイトルに、

建設業者の学習・交流会を19日に開きました。

67人が集まった交流会、

若い建設業者も多く参加しました。

 

大阪府の職員を講師に招いた講演では、

「公共の役割、入札の仕組み課題」について学習。

地元の中小業者への受注の増大を図ることを定めた法律も紹介し、

国や府の発注実績を報告しました。

 

後半は参加者の実践報告。

入札登録業者としての仕事の状況、

小規模修繕登録制度をつくって活用している話、

耐震での仕事おこしの実践例が語られました。

「入札業者になったとしても求められるのは営業力。

待ってるだけでは仕事はこない」との発言も。

「民商などの場で仕事の話をすることで営業力は磨かれる」、

「民商に戻ったら建設業者で話し合う場をつくろう」と呼びかけられました。

 

交流会には生野と西成の青年部長も参加。

西成の青年部長は最近、

民商で立ち上げた建設部会の副部長も務めています。

生野の青年部長は仕事のつながりを生かし、

3人の業者青年を誘って参加。

他にも、泉南の青年部員が

メールニュースで交流会を知り参加していました。

 

※参加者の交流会の感想は今後、ご紹介する予定です。


スポンサーサイト


  • 2019.07.05 Friday
  • 16:40
  • -
  • -
  • コメント>-
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー
最新情報
絵日記帳
コメント
recent trackback
ブログ内キーワード検索
others
sponsored links
recommend
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法 (JUGEMレビュー »)
三方 良
大阪の民商の会員さんが多数登場!

業者青年も載ってますよ!