開業 経営 融資 税金 記帳 若手経営者・後継者のネットワークづくり 商売とくらしの強い味方!民商おおさか青年部(大商連青年部協議会)

<< 大青協が総会を開催!51人が参加 | ブログのトップ | 全国に「つながり」できる!青年交流会にご参加を >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2019.07.05 Friday
  • -
  • -
  • コメント>-

大阪府が突然の融資支援「打ち切り宣言」〜橋下に怒りの声を!

 大阪は日本一の商売人・中小業者の街です。

それなのに、今の大不況でまともな支援はありません。

そんな中で唯一、中小業者向けの融資支援制度はよくできてます。

何十年にわたって、中小業者が制度を使って商売を維持・発展させ、

返済はもとより利益をあげて税金を払い政策効果を上げてきました。

それが、橋下府政になって突然の「打ち切り宣言」!

 

大商連は8月5日に大阪府と交渉、

大阪府の危険な考えが明らかになりました。

融資制度の変更の理由は?
大阪府「これまでの制度は中小業者を下支えするもの。

それを元気な中小企業を応援する制度に転換する」

元気な中小企業というのは?
大阪府「がんばる企業、付加価値がある企業、一歩足を前にだそうとしている企業」

 

この回答から、今回の改革が広範な中小業者を切り捨てるものであること、

命綱である融資支援の事実上の『打ち切り宣言』であることがはっきりしました。

同時に大阪府が応援する「元気な中小企業」も、

抽象的で中身のないものであることもわかりました。

「元気な中小企業」というのは「ベンチャー企業」を言い変えたにすぎません。

 

融資支援の「打ち切り」は9月議会で審議して、来年4月1日からの実施を目指しています。

民商・大商連では「『中小業者の命綱』を守れ」と、

議会要請や団体署名など、融資支援「打ち切り宣言」撤回の緊急行動に取り組んでいます。

橋下不正に「撤回せよ!」の声を集中させましょう!


スポンサーサイト


  • 2019.07.05 Friday
  • 13:38
  • -
  • -
  • コメント>-
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/08/28 4:34 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー
最新情報
絵日記帳
コメント
recent trackback
ブログ内キーワード検索
others
sponsored links
recommend
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法 (JUGEMレビュー »)
三方 良
大阪の民商の会員さんが多数登場!

業者青年も載ってますよ!