開業 経営 融資 税金 記帳 若手経営者・後継者のネットワークづくり 商売とくらしの強い味方!民商おおさか青年部(大商連青年部協議会)

<< 「町の電器屋として残る価値」〜量販店にない出会いで頑張る! | ブログのトップ | ほろ酔い交流会で気軽に名刺交換 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2019.07.05 Friday
  • -
  • -
  • コメント>-

住宅ローンがしんどい人に朗報!「金利が下がった!」

「住宅ローン金利が引き下がった!」―

1025日付の商工新聞を青年部ニュースで紹介した旭。

そのニュースを見た青年部員さんから、さっそく反応が。

 

商工新聞の内容は住宅ローンの返済軽減の特集記事で、

青年部ニュースで「青年部員のなかでも返済がきつくなってきている、

どうにかならないか、と相談が寄せられています。

銀行に電話して話し合い、利息を下げさしたり、返済金額を減らすなど

成果を実現した記事が掲載されています。

返済がしんどい人はぜひ挑戦しいてみましょう」と紹介。

 

ニュースを見て「それなら自分も」と民商に電話してきた部員さんは、

すぐに商工新聞を持って銀行に出向きました。

銀行の担当者は親切に対応し、利息の軽減を約束したそうです。

銀行の話によると実現すれば月々の支払が1万円の軽減されることに!

部員さんの喜びの報告が民商にありました。

 

八尾民商の会員さん(洋菓子店)は住宅ローン金利が2.475%から1.175%に、

毎月の金利返済が8900円も減額されました。

商工新聞の「電話一本で住宅ローン金利を下げた」という記事を読み、

「どんなものか」と銀行に電話して「金利を下げてほしい」と要望しました。

後日「1回銀行に来てほしい」と連絡があり、

出向いたところ「下げます」との返事が。
その話を聞いた別の会員さんも、自分の娘にも金利引き下げを勧めました。

「うちの金利は1.675%ほどで金利安いし」と言っていましたが、

「金利が1475%に下がり、月2000円下がった」とうれしい知らせが届きました。

 

○昨年12月に制定された金融円滑化法は、

中小企業や、住宅ローンを返せなくなった個人を救済するため、

金融機関はできる限り返済条件の見直しに応じるよう

努めなければならないとしています。

 

住宅ローンでしんどい思いをしている青年部員さん!ぜひ活用してみましょう!


スポンサーサイト


  • 2019.07.05 Friday
  • 14:40
  • -
  • -
  • コメント>-
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー
最新情報
絵日記帳
コメント
recent trackback
ブログ内キーワード検索
others
sponsored links
recommend
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法 (JUGEMレビュー »)
三方 良
大阪の民商の会員さんが多数登場!

業者青年も載ってますよ!