開業 経営 融資 税金 記帳 若手経営者・後継者のネットワークづくり 商売とくらしの強い味方!民商おおさか青年部(大商連青年部協議会)

<< 全国の業者青年が集合〜全青協総会に参加 | ブログのトップ | 税務調査が格段に厳しくなる!? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2019.07.05 Friday
  • -
  • -
  • コメント>-

生まれ育った地で頑張る中華屋さん

今回は生まれ育った港区で中華料理店を開業して頑張る青年部員さんを紹介します。

港民商のSさんは19才から12年間、京都の中華料理店でサブリーダーを経験。

30歳代で港区に独立。その後、2号店も実現しました。

民商には新規開業の融資相談で入会、開店にあたり先輩会員からのアドバイスもありました。

 

1号店は4年目の時にダイニングバーに転換、

カクテルのアドバイザー資格をもったスタッフに任せています。

リスクを軽減するためにメニューを2店で共通にして仕込みも2号店で行っています。

2号店のある弁天町駅の周辺は居酒屋チェーンが多くあります。

お店の特徴を打ち出すために、メニューも工夫しています。

旬の材料を仕入れ、材料のうまみを最大限に引き出しながら低価格を心がけています。

メニューはランキング形式を取り入れ、「お勧めの品目」を提示しています。

 

お客さんにお店のメール会員を登録してもらい、イベントの開催などで呼びかけています。

酒井さんはノートパソコンを使い、メニューやチラシも自作しています。

忙しい合間も、お客さんと対話しながらコミュニケーションも大事にしています。

(「大阪商工新聞」11月号より)


スポンサーサイト


  • 2019.07.05 Friday
  • 17:40
  • -
  • -
  • コメント>-
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー
最新情報
絵日記帳
コメント
recent trackback
ブログ内キーワード検索
others
sponsored links
recommend
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法 (JUGEMレビュー »)
三方 良
大阪の民商の会員さんが多数登場!

業者青年も載ってますよ!