開業 経営 融資 税金 記帳 若手経営者・後継者のネットワークづくり 商売とくらしの強い味方!民商おおさか青年部(大商連青年部協議会)

<< 地域の人に建設業者の技術をアピール〜まつりに出店 | ブログのトップ | 業者青年のパワー総結集!BBQ交流会に82人 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2019.07.05 Friday
  • -
  • -
  • コメント>-

『経営』学習&交流会に73人! 3人の発言に商売の思いいっぱい

大青協は610日(日)に「経営」学習&交流会を開催、73人が参加しました。

兵庫県立大学の佐竹先生のお話、3人の業者青年の発言などで学習・交流。

業者青年の報告では、商売を始めたきかっけやこだわり、夢などを発言。

3人の発言内容は以下のとおりです。


平野民商の池田さん(整骨院)は整骨院を開院して2年半。

高校野球でケガをして整骨院に通ったのが仕事に興味を持ったきっかけです。

年配の患者さんが多く、自分が若いということでの不安感をとりのぞくため、

開院する1年半前からボイストレーナーに通い発声の練習をしました。

2カ月に1回の抽選会や、誕生日が近い患者さんにプレゼントを渡すなど、

「損して得をとれ」の精神で様々な企画をしています。

民商のエクセル会計と整骨院専用の会計ソフトを併用していますが、

記帳して計算した資料を見るなかで「これなら従業員も雇えるな」と、

現在4人のスタッフと仕事をしています。

今後の目標は介護事業に挑戦してみたいと思っています。

 

東淀川民商の中井さんは26才で、上新庄で串カツ居酒屋を開業して2年です。

大学の学祭で模擬店を出店し、メニューや値段、仕入れをみんなで決めて

売ることに達成感があり、飲食店をやりたいと思いました。

3040店舗でアルバイトし、焼鳥のチェーン店で店長をして開業することに。

串カツが大好きで、よく新世界に食べに行ってたんですが、

地元で気軽に食べれる店をと開業しました。

開業資金の融資を政策金融公庫に申し込んだんですが断られました。

まわりに開業することを言っていたんで、すごく悔しかった。

民商を紹介され、相談を受け保証協会で融資を受けることができました。

 

泉佐野民商の井川さんは布団の製造・販売の2代目です。

綿の布団は日本が世界に誇れる技術だと思います。

綿は丁寧に扱わないといけなく、均等に角までいきわたらすことが大切。

大型店が大量生産するなかで、うちでは1日につくれても5枚、

「数を競うな。心を込めろ」と師匠に教わっています。

仕事に就いた理由は特にないんですが、やっていくうちに

「こういう技術を残していかなアカン」と感じました。

僕は大阪で2番目に若い職人なんですが、この技術を残していきたい。

手作業の良さは、使い込んでいくうちに差が出てくると思う。

そこをお客さんに説明して良さを伝えています。

学習&交流会


スポンサーサイト


  • 2019.07.05 Friday
  • 11:16
  • -
  • -
  • コメント>-
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー
最新情報
絵日記帳
コメント
recent trackback
ブログ内キーワード検索
others
sponsored links
recommend
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法 (JUGEMレビュー »)
三方 良
大阪の民商の会員さんが多数登場!

業者青年も載ってますよ!