開業 経営 融資 税金 記帳 若手経営者・後継者のネットワークづくり 商売とくらしの強い味方!民商おおさか青年部(大商連青年部協議会)

<< みんなで消費税・インボイス制度を学ぶ | ブログのトップ |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2019.07.05 Friday
  • -
  • -
  • コメント>-

事業計画作成の学習&交流会を開催!経営の特徴・課題を発見

大青協は6/29に「事業計画作成の学習&交流会」を開催、40人が参加しました。

東京から中小企業診断士の上品(うえしな)忍さんを招いて学習。後半はグループワークで交流しました。

 

全国商工新聞の連載で会員の商売を紹介している上品さん、取材先の経営の特徴を紹介しました。

かき氷販売の新事業に挑戦している古着店、法人の元請けから個人の顧客を獲得するようになった自動車整備業などを紹介しながら、経営の現状を見直すポイントを説明。

「自分では当たり前と思っていたことも、人に話すと驚かれたり関心されるなど、気づけなかった経営の強みを発見できる。異業種で交流することで、思いもよらなかったアイデアやヒントが見つかる」と話しました。

 

グループワークは、3つのグループにわかれて商売について語り合いました。

「自分は3代目で、椅子をメインに製造している。中国製が増えていたが、現在は自分たちの技術が見直されて仕事も回復している」(家具製造)、「若い人の車離れや頑丈な車の普及で厳しいなかだが、昨年12月に独立した。11年間の下積みの経験で、若い人が働きがいをもって仕事ができる環境をつくりたい」(自動車整備)などの発言がありました。

 

また、就活する学生と人材不足に悩む中小企業をマッチングするネットワークをつくろうとしている大学生2人が参加。

「大企業に就職しても働かせ方がブラックだったという話をよく聞く。小さな企業の方が事業主との距離も近く、やりがいをもって働けるのではと思った」と説明。また、人材確保や従業員の育成に悩む業者青年からは「若い人は、どんな職場を求めているのか?」などの質問も。

「自分のやりたいことを自分の力で実現できるのが中小業者の魅力。人としての成長を実感できる仕事を追求したい」(大工)などが話されました。

 


スポンサーサイト


  • 2019.07.05 Friday
  • 09:35
  • -
  • -
  • コメント>-
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー
最新情報
絵日記帳
コメント
recent trackback
ブログ内キーワード検索
others
sponsored links
recommend
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法 (JUGEMレビュー »)
三方 良
大阪の民商の会員さんが多数登場!

業者青年も載ってますよ!