開業 経営 融資 税金 記帳 若手経営者・後継者のネットワークづくり 商売とくらしの強い味方!民商おおさか青年部(大商連青年部協議会)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2019.07.05 Friday
  • -
  • -
  • コメント>-

今朝の毎日新聞に 会員が出てます! 国保料って高い!!

 

民商(自営業者の自主組合です)会員が毎日新聞に…

 

●昨日の毎日新聞 朝刊1面で『(国民健康)保険料格差3.6倍』と大見出しが。

 

地域格差が生じているとの報道のなか、都道府県で『08年度保険料平均額』が1番高かった大阪(386697円)。

 

さらに、全国最高額は、大阪の寝屋川市(504030円)。

 

※世帯所得200万円で40歳代の夫婦&未成年の子2人いる世帯モデル。

 

●以前、寝屋川民商会員で女性部員のKさん(花屋さん)から

「国保料めっちゃ高い!」とメールが来て、4/13号で紹介しました。

 

2歳の子どもと、さらに今年ふたり目を出産予定なのですが…

 

寝屋川市では子どもが1人増えるごとに4万2160円増額されます!(大阪市の場合は2万5872円)

 

●市民からの問い合わせが相次ぎ…

 

今朝の毎日新聞1面の大見出しは『寝屋川市、国保料下げ』。


09
年度は、加入者の約9割が引き下げに(1世帯あたり4万4510円の負担減)。

 

子どもが1人増えるごとに3万9060円に。(それでも高い)

 

●その毎日新聞24面に特集「国民壊?保険」記事があり、

寝屋川市の自動車修理工場、経営者のYさん(66歳)が登場。

 

納付を促す書類をみている画像や「病気の薬代含めると所得の3割を超す出費」と語っています。

 

じつは…寝屋川民商の会員さんです。

 

●6月中旬には、保険料の納付書が手元に届きます。

 

国保料が払えない!滞納するとどうなるの?…と、

仲間の業者青年が困っているかもしれません。こんなときこそ民商青年部の出番です!

 

各民商では『国保・住民税の乱』と名づけ、各行政区と交渉したり、学習会をしています。お近くの民商へお問い合わせを!


http://www.daishoren.org/modules/tinyd0/index.php?id=1
 
1685号大青協メールDEニュースより


セブンイレブン本部だけが儲かるワケ…  今朝の各新聞で

 

●「値引き制限排除命令へ 公取委 セブンイレブンに」

 

(今朝の朝日新聞1面)をはじめ、各紙いっせいに報道がありました。

 

※セブンイレブンは全国1万2千店。年間2兆5千億の売り上げ。

 

●以前から全国の民商へオーナーから相談があり、076/6には経済産業委員会で


塩川衆院議員(日本共産党)が売れ残り商品や見切り商品を本部が制限していることを取り上げ、

 

公正取引委員会の長が「独禁法上、優越的地位の乱用にあたる場合がある」とすでに答えていました。

 

●最近では、全国商工新聞3/30号の1面でも大きく取り上げ、

「見切り販売」を制限したというだけでなく、

 

加盟店に『契約打ち切りのおどし』や、『廃棄商品が増えるほど本部が儲かるカラクリ』について告発しています。

 

その商工新聞では現役のセブン‐イレブンオーナーの損益計算書を掲載。

 

本来ならこの月62万8千円の黒字のはずが…

 

「総売上原価」から「商品廃棄損等」「棚卸増減」などが差し引かれた結果、

原価は圧縮され、その分「売上総利益」が数字上大きくなります。

 

この金額が本部に支払うチャージ料として計算されるため、この月だけで44万2千円も増加。

 

よって手元に残るのは…わずか3分の1以下、18万6千円に。

 

●各民商に配送されている『月刊民商』にも、今年1月から

「フランチャイズ加盟店のための何でも相談室」を連載。

 

最新の6月号では「同じ本部(看板)の店が近隣に集中出店する」問題について、対策も載せています。

 

※ドミナント(集中出店)方式と呼ばれ、各店舗の採算がとれなくても、本部がもうかる仕組み。

 

FC契約ではテリトリー権を保障しておらず、本部が自由に出店できることに。

その地域の1号店で繁盛店のお店が閉店に追い込まれる事態に…。

 

●連載記事を寄稿している全国FC加盟店協会では、国会内で加盟店集会(6/2 午前1130〜)をおこない、

加盟店の声を直接国会議員に訴える集会を開催します。

 

http://www.fcajapan.gr.jp/

 

※上記協会の大阪支部は大商連内(代表電話06-6768-3065)に設置しています。

1678号大青協メールDEニュースより


「差し押えされるーっ」とあわてて相談にきた青年が・・・

 

「差し押えされるーっ」と青年、民商へ駆け込む!

 

●今月14日、大阪市内にあるA民商に入会した元会員の青年(石工業)。

 

「これからは青年部の取り組みにも参加して、しっかり勉強しますわ」と語っています。

 

●この間、税金の滞納が増え(消費税、源泉税で約300万円)、

税務署から売掛金の差し押さえを通告されていました。

 

あわてた本人、「こんな時ばかり頼ってすいません」と民商に電話が。

 

民商は話を聞いてさっそく税務署に電話しました。「仕事がんばってる青年にひどいことするな!」。

結局、分納の約束をして、差し押さえは撤回となりました。

 

滞納300万円を超えると税務署内で担当が替わり、差し押さえ中心の「取り立て」部門にまわされていました。

 

●この青年、緊急融資を受けたいが滞納があるために申し込めないと思い込んでいました。


政策公庫や保証協会の融資を完済しているのに、です。

 

民商では緊急融資のことを説明しながら、申込みの準備をすることになりましたが、

 

「情報がないから勝手に考えてしまうのでは?商工新聞を読んで、勉強していかなあかんで〜」と伝えると、


「わかりました!民商でがんばりたい」と決意が。


商工新聞ってなに?↓
http://www.zenshoren.or.jp/kiji/index.html
 

●この間、枚方交野や泉佐野などいくつかの民商(本部)ニュースで
わっと大交流会の報告記事が。

 

枚方交野では、参加したふたりの感想が載っていましたので、ご紹介。

 

柔道整復のMさん…活気がものすごくあり、とても楽しいイベントでした。

自分と違う業種の方の仕事・営業・開発など様々なことが聞けて、刺激も受け勉強になりました。

 

鉄骨組立・足場のAさん…今回初めて参加したので、かなり緊張しました。

思っていたより堅苦しくなく、飲んで食べて、いろんな業種の人と仲良くなれたので、勉強にもなり、楽しかったです。

 

●Aさんは守口民商の青年部長と「フットサル」つながりができました!

 

青年部長のこどもさんは「Aさんに負けたままはイヤ!早く青年部でフットサル交流会して!」とやる気まんまん。

その1回目の北河内ブロック青年部フットサル交流の様子は4/27付 全国商工新聞5面に写真入りで載ってます!

 

※大青協主催のフットサル大会日程も今晩の会議で決定しますので、もうしばらくお待ちください。 

1663号大青協メールDEニュースより


お子さんのいる方へ 役立つ制度特集2つ!

 

ご入学おめでとうございます! 

お子さんのいるみなさん
民商(民主商工会)青年部員のみなさん


今回はお子さんがいる方に
役立つ制度・あまり知られていない制度を2つご紹介。

 

●その1 就学援助制度 

今日は、大阪市内をはじめ、各地の小学校で入学式が行われました。

 

なにかと出費がかさむ時期です。小中学生がいる家庭では「就学援助制度」が活用できます。

 
大阪市なら

http://www.city.osaka.lg.jp/kyoiku/page/0000010121.html

たとえば、昨年度は、福島民商では76名の児童生徒さんを申請。

大阪府下の民商では合計840名申請して、771名認定されました。

 


●この制度は、義務教育は無償(憲法26条)に基づいて学用品や入学準備金

(大阪市だけ08年度から領収書提出して証明が必要に!)、給食費、医療費、修学旅行費などを補助するもの。

 

所得基準や支給項目額は自治体によってちがうので、

手続きの仕方など各民商で無料相談やってます。(制度に締切あるのでお早めにどうぞ)

 


●この所得認定基準、じつは年々改悪されています。

 

大阪市の場合はH17328万円だった限度額が、H20では309万円と19万円の減額。

 

貝塚市では同じ4年間で58万円6千円も減額され、256万円に。

 

柏原市では536千円減額になり、292万円8433円に。多くの自治体が減額に。

 


●全国の民商婦人部や青年部では改善・充実求め各地で活動しています。

 

滋賀・甲賀民商青年部では、市や教育委員会と懇談。

 

「なぜ、この就学援助制度が広報されていないのか?」「民生委員の所見はなぜ必要なのか」など疑問・意見をぶつけました。

 

やりとりのなかで「今年4月以降はすべての児童・生徒に制度を知らせるビラを配布する」と返答が。

3/30付の全国商工新聞5面を参照)

http://www.zenshoren.or.jp/shoukai/fujin/090330-11/090330.html

 

●府下の就学援助認定基準の一覧や制度変更一覧なども資料であります。

「青年部会でみんなに見せたい!」など興味ある方は返信を。

 


●その2 こんな医療費助成制度もあります(大阪市用)

 

先日、うちの子ども(新小学1年)を小児科に連れて行くと…

 

「軽いぜん息がある。区役所に行って用紙もらって、申請したら今日の分の医療費も、これから2年間も助成される」と先生。

 

これまでは、就学前児童だったので、1500
1医療機関なら2度目500円、それ以降負担なし)。

 

この4月からは、大人といっしょ3割負担。かなり金額に差があります。

 

しかし、この制度が適用されれば、引き続き就学前の費用と同じに。


制度の名前は「大阪市小児ぜん息等医療費助成制度」。

 

http://www.home-knowledge.com/service/serv04.html

対象者は15歳未満の方なので、新1年でなくても申請できます!

1648号大青協メールDEニュースより


 


心理コンサル業の青年 悩んだあげく・・・

 

こんな業種の方も!&こんな相談ありました…特集!!

 

●大阪・城東民商に今月入会&青年部入部したのは
28歳の『心理コンサルタント』。

 


いまの世の中を反映してか、悩み事の相談で予約いっぱいだそうです。

 

なんと費用は10分で7000円!

 

完全予約制で、直接面談だけでなく、メールのやりとりで悩み相談することも(その場合は振り込み)。

 

そんな彼にも、「大きな悩み」が!!

 


それは税金のこと。

 

たとえば、宣伝広告(ホームページ)費用が月30万円かかるそうですが、

これをどのように処理していいのかわからず、悩んでいたそうです。


 

●大阪・泉佐野民商では、水なす業者が「新規にオフシーズンでも出来る仕事を探している」と相談が。

 

中身についての相談や、融資も受けたいとのこと。


 

同じときに、20代のタイル職人が民商事務所に来て、「国保や住民税が高い」と相談に。

 

売上にしては所得が多く、何が経費になるか見直すことになりました。

 

「相談は無料ですよねぇ」と心配そうに聞いてきましたが、

 

事務所の雰囲気(会員がパソコン記帳に挑戦中、婦人部メンバーがビラ折り、水なす業者が目の前で入会)を見て、

 

ワイワイした雰囲気に安心してか「入会します!」と返事が。



●ただいま、ご相談者がたいへん多い時期です。

お早めにお近くの民商へ、相談のご予約電話を!!
0120−22−0000(大阪の方は) 

府下の57の民商さがしはこちら
http://www.daishoren.org/modules/tinyd0/index.php?id=1


民商へのご相談は相談時間にかかわらず・・・・・・・無料です。

●融資がおりたら&結果がでたらお金をもらうような、代行業でもありません。

自営業者が会費を出し合い、運営しながら、助け合う、補助金にたよらない自立した団体です。


1616号大青協メールDEニュースより


「うちの夫が載ってます!」と奥さんが… 府下で1000人が大奮闘!

民商大阪発行 オリジナル宣伝物 2月カラービラ 建築業の青年ふたりがモデル
 




先週末、2月6〜8日は『全大阪アクションデー』と位置づけて、
仲間(自営業者)を増やす行動を各民商(民主商工会)でおこないました。

 

行動参加数は府下のべ1000人!

商店街で宣伝したり、お店訪問するなど、民商役員・会員が大奮闘
(青年部員のうごきは下記に)。

 


3日間で全国商工新聞181部、会員46人が増え、
青年部員も7人(1月からだと49人)増えました。

城東(8うす分)民商をはじめ、摂津、布施ではお餅つき交流も。

 


●守口民商では35歳の内装業の青年が入会&入部に(お兄さんも会員)。

●堺南民商では自己破産したことのある青年(自動車板金業)が相談に来て、「仕事がんばりたい!」と入会&入部に。

 

●羽曳野民商の仲間づくり行動ではこれまで参加したことのなかった青年部員Tさんが初参加!

 

●大阪オリジナルの「民商ポスター」や「2月カラービラ」に登場したIさんとUさん(ともに建築業)は、同部員のUDさんとともに、旭民商のビラ配り行動に参加。

 

参加メンバーから「ビラと同じ格好をして配らんと本人とわからんで!」
「これ僕ですっ!と言って配ったら印象に残るで!」と冷やかされ?ながらも、みんなで1000枚配りました。

 

●Iさんの奥さんも大活躍。
「私の夫が載ってます!」と近所の知り合いに渡しているそうです。

 

そのビラが上記の画像です!!


自営業者のあらゆる相談窓口
「悩み解決・つながりづくり」は いますぐ民商へどうぞ!
http://www.daiseikyou.org/phpformmail/form.html

お電話は
フリーダイヤルは 0120−22−0000
(ケータイの場合は06−6768−3065)へ


突然の売掛金全額差し押さえ! 自殺も考えた31歳の青年が・・・

 

突然の売掛金全額差し押さえ!
自殺も考えた31歳の青年が民商(民主商工会)に…

 

昨年12/4、悲壮な顔で泉南民商に相談に来たKさん(31歳・食品加工業)。

 

泉佐野税務署の担当署員と分納約束をし、実行しているのに、

突然、売掛金全額200万円が差し押さえられました。

 


「営業の継続どころか、従業員8人の給与も支払えない!」と
わらをもつかむ思いで、
インターネットで知った民商へ相談に。

 

調べてみると担当署員に代わって、国税局から派遣されてきた

『特別国税徴収官(特官)』になっていることがわかりました。


 

泉南民商ではすぐにKさんを囲んで対策会議。

 

すぐに税務署に交渉し、(民商が毎週発行している全国紙)
全国商工新聞12/15号に載った「滞納処分の留意事項」を示し、

「滞納者の実情把握が先決と国税庁は通達を出している」と指摘。

 

Kさんは従業員8人の嘆願書も提出すると、総務課長の態度が一変。

署長に相談したいと退席に。

 

1時間後、「差し押さえを解除します…」と返答が。

 

Kさんは「一時は自殺も考えた。これで年が越せます。
大切な従業員も守れました。民商のおかげです」と

涙ながらに、報告会で発言。喜びの拍手に包まれました。

 

※詳細は1/12号の全国商工新聞に。従業員の嘆願書も載ってます。

 

http://www.zenshoren.or.jp/zeikin/chouzei/090112-02/090112.html



★民商は全国組織です。
大阪では57か所の地域に事務所をおき、
自営業者のあらゆる相談にのっています。

行政からお金をもらわず、自営業者の会員がお金を出し合って
運営しているので、上記のように、行政にも「おかしいことはおかしい!」とはっきりいえる、「唯一」ともいえる異業種が集まる
全国組織です。


●詳細を希望の方は こちらにフォームが
http://www.daiseikyou.org/phpformmail/form.html

●お電話の方は

フリーダイヤルは0120−22−000
(大阪の方のみつながります。ケータイ不可)

もしくは、06−6768−3065(民商おおさか本部)へ
お電話を!
 
1603号大青協メールDEニュース より


 「ショットバーを開業したい!」と夢に燃える27歳の青年が・・・

 

仲間増えました!…今月は今のところ9人の青年が「民商入会&青年部入部」しています。

 

大正では料飲業者、内装工事、運送業の3人の青年が相次いで入会。


西区では訪問介護業の30代の男性、エステ業の20代の女性…など融資や税金相談で5人が入会、2人が入部に。

 

高槻では「ショットバーを開業したい!」と夢に燃える27歳の青年が入会&入部。


昨年から民商と相談。自己資金をつくってきたことをアピールしながら、足りない運転資金の融資申し込みを段取り中です。

 

岸和田の初入会も新規開業の20代の青年(中古車の修理・販売)で、初申告&初融資。

 

昨年の11月から民商のなんでも相談会に参加し、商売を軌道にのせる相談をしてきました。

 

トラック運転手をしながら、カーナビ取り付けの仕事を確保。事務所と展示場は仮契約を済ませ、「あとは融資の段取り!」というときに、出入りしていた自動車整備の工場の社長(会員)から「民商なら安心やで」と紹介されました。

 

お互い会員になり、今後は販売や修理など仕事のまわしあいをしながら、助け合っていくそうです。

 

青年のあゆみの画像です



●本日、注文のあった民商に『青年のあゆみ』を発送しました。(大商連からの発送物と一緒に送ったので、ご確認を)

 

昨年11月の全青協総会(東京)の13人の発言(大阪代表・旭のUさんも含め)すべて載っていたり、


全国業者青年交流会の報告や写真、大好評だった伊藤 真さんの記念講演「憲法と法律のちがいは…」の全文。

 

6月に行った中小企業庁交渉の要望項目と回答も載ってます。

「青年部ってなに?」という新部員さんには、ぜひ見てほしい1冊です。

 

まだ、在庫ありますので、申込まだのところはお早めに!

info@daiseikyou.org

1594号大青協メールDEニュースより


「朝ズバッ!」に出演・・・ 今回のポスターモデルは・・・

 

※テレビ出演情報は後半に…。

 

※府下あちこちにあの顔が!?…来年1/6、府下57民商へいっせいに届けられる『1〜3月の宣伝グッズ(大商連作成)』。

その1つに『民商イメージポスター(3種類・合計6000枚)』があり、会員のお店や工場など大阪全域に張られます。(毎年2月の全青協会議でも「これええやん」と他県の青年部から送ってほしいと頼まれます)

 

昨年は、青年部員から東成民商の部員さん(美容師)がモデルに。

今回は…なんとペア出演! 旭民商青年部の前部長のIさん(工務店)と現部長のUさん(造作大工)が作業着姿で並んでどーんと登場。もう悪いことはできません(笑)

 

その画像(製作中見本)はこちら。


宣伝ポスター09 旭民商青年部員のふたり

 

他の2種類には大東民商の女性(トリマー)と福島民商の男性(水産仲卸業)が。

 

※テレビ出演のお知らせ…毎日テレビ(4チャンネル)「みのもんたの朝ズバッ!年末拡大スペシャル」に上記の福島民商の男性・新会長のIさんが『資金ぐりでがんばる中小業者!』で登場予定です。

12
29日(月)午前530955の枠の中で、830以降に出番が。

 

※この間、上記の「朝ズバッ!」をはじめ、いくつかのテレビ・新聞等から自営業・中小業者の状況について問い合わせが。その中で、取材に。

全国商工新聞11/24号の1面にもIさんが写真入りで登場。
この間の『緊急保証』融資の相談会や運動のようす載ってます。

 

※年内の配信は今回が最後となります。ありがとうございました。

大青協では、1月以降の申告期にたくさんの青年とつながりをつくりながら、『わっと大交流会09』を4/18(土)で計画中です。

なお、倒産・不渡りなど会員さんの緊急事態にそなえて、大商連では年内30日まで特別体制をとっています。

1587号大青協メールDEニュース


 「くらしを守る 制度の手引き」 最新版ができました!

 『くらしを守る 制度の手引き2009年版できました!』

昨年、08年版をご紹介して多くの青年部員さんから資料請求があった、
『金融危機・不況、原油資材の高騰からくらしを守る 制度の手引き』
09年最新版(B5サイズ22ページ/大商連発行)ができました。

府下57民商にもワードデータで送っていますが、必要な方は返信を。送ります!

( info@daiseikyou.org  へご連絡を)

どんな中身なの?…最初のページには「市民税が非課税(均等割だけ)になると、
こんなに負担が軽くなる!」一覧が。

たとえば、すべての方には、国保料が安く…、国民年金保険料が全額免除に…などなど。
若い世代には、お産費用が安く…、保育料が無料に…などなど。
高齢者の方には、後期高齢者の医療費が安く…、介護保険料の負担金が安く…、固定資産税が減額…などの一覧が。

他にも、国民健康保険料の算定方法や減免制度でどのくらい安くなるのか、所得割が減免されるには?災害にあった方の減免は?

国民年金の保険料と免除制度、生活保護制度、老人医療制度、後期高齢者医療制度、介護保険制度、
水道料金免除制度、市営交通料金の割引制度、医療費窓口負担の免除、入院給食費の減額、

「世帯分離って知ってますか?」これを活用すると…解説、
医療費の無料制度、高額医療費の支払い、新婚世帯向け家賃補助、
児童手当て、母子家庭の児童扶養手当、

府の出産一時応援金(3人目から5万円/橋本知事の維新プログラムで予算削減され今年度末で終了に)。

保育料の減免、幼稚園の就園奨励費、就学援助制度、高校授業料減免・助成制度、各種奨学金、
入学準備金、各種貸付金、融資などなど各項目で活用方法、注意点などが網羅されています。

ぜひ、青年部仲間やお知り合いなどにも広げてください!
もちろん無料配布してます!!

※上記は大阪「市内版」ですので、衛星都市は計算方法や中身が異なりますのでそのまま使わないようご注意ください。

1564号大青協メールDEニュース


カテゴリー
最新情報
絵日記帳
コメント
recent trackback
ブログ内キーワード検索
others
sponsored links
recommend
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法
なりわい繁盛帖―成功する「小」の経営法 (JUGEMレビュー »)
三方 良
大阪の民商の会員さんが多数登場!

業者青年も載ってますよ!